(第3回)堀田さんは違和感のない人