(第4回)イギリスの記憶とスコーン