(第3回)いちばんは、お客様