(第5回) 「むっつりヒロナ」の根っこ