(第1回)役割 / 空気

(第2回)いってらっしゃい / サウナ

(第3回)支えたい 日常の中に 

 


 

第2回
いってらっしゃい / サウナ 

 


 

ナミ

最近、相手が喜ぶことがすごく好きだなと改めて実感していて。

 

ルダイ

はい。

 

ナミ

仕事をする上で、今までは自分のことを「プレイヤー型」だと思ってたのね。自分は表舞台でパフォーマンスするのが好きなんやろうなと。それが最近、やっぱり違うな、私は「サポート型」なんだと気づいた。自分が大会に出て優勝するよりもキョウスケが大会に出るサポートをしてキョウスケがいい結果を出す方が嬉しいし、キョウスケのサポートをするんだ、と思うとすごく力が出る。

仲間を支えられているのが楽しくて、その結果みんながイキイキして、お客さんに褒められたりするとすーごい嬉しい。頑張っている仲間を支えたい、という自分の欲を強く感じるな。

 

ルダイ

去年のインタビューでも「リロに尽くしたい」とおっしゃっていましたが、今は自分の特性としてはっきりと自覚してるんですね。

 

ナミ

そうやね。

支えになりたい!と言う気持ちはお客さんに対しても同じで、お客さんがもし悩んでいたら、何とか力になりたい。私はまだまだ知識が少ないからその場ですぐにお悩み解決はできないけど、次お店に来てくれるまでに話していた内容を調べて、いい言葉を伝えられるように準備することもある。

 

ルダイ

去年のインタビューでこれからの目標を聞いた時には「LiLo Coffee Roastersの外にどんどん飛び出して、外のいろんな世界とリロを繋ぎたい」と話していましたが、今話を聞いた印象では、LiLo Coffee Roastersにドンと構えて、お店に来てくださる一人でも多くのお客さんにとって居心地のいい空間になるように気を配っているんだなと思いました。そう考えると、去年から目線が大きく変わっていますね。

 

ナミ

たしかに変わってるね。これは、26歳になって年下のお客さんと接することが増えたのも要因の一つかな。今まではお客さん含め周りが年上の人たちばかりだったから。今までになかなか持たなかった感覚なんやけど、年下の子たちがとにかく可愛い(笑)

 

ルダイ

なるほど、年齢の変化ですか!確かに4年以上働いていると変わってきますよね。

 

ナミ

お客さんが私を慕ってくれたり、頼ってくれたりすることが増えて、「どうしたん、何でも聞くでー!」「悩んでたらいつでもおいで、元気出させるし」みたいなことが言えるようになった。偉そうに聞こえてないといいんだけど…。

 

ルダイ

きっと大丈夫だと思いますよ(笑)

 

 

ナミ

ある年下のお客さんが「ふとした時にリロ、ナミちゃんを思い出すんよなー。来てみるとやっぱりホッとするし落ち着く。帰る場所がリロやなって最近思う。ふらっと寄っちゃうしナミちゃんがいると安心する」と言ってくれたことがあって、じわーっと嬉しくなったなぁ。

私自身、最近は休みの日に同じところに行くことが多い。せっかく飲むならあの人のお店に行きたいな、あの人と喋りたいなと。

 

ルダイ

なるほど。

 

ナミ

新しいところも発掘する楽しさがあるけど、落ち着きたいな、のんびりしたいな、ぼーっとしたいなと思う時に思い出される場所っていいなと思う。

 

ルダイ

LiLo Coffee Roastersは豆の種類も多く、自分の好きな味に出会うワクワクの要素が強いかと思うのですが、その上で来てくれた人が安心できる空間でもあると嬉しいですよね。

 

ナミ

うん、めちゃ嬉しいね。「落ち着くし、新しい美味しさを発掘したい」と思える空間がいいな。

最近はお客さんに対して「いってらっしゃい!」と送り出すことがとっても多くて。

 

ルダイ

「ありがとうございました」ではないんですね。

 

ナミ

また帰ってきてくださいね!の意味もあるけど、本当にいってらっしゃいって気持ちになってるから不意に出ちゃうんよね。常連さんにだけじゃなくて、1、2回目来店の人にも。

いってらっしゃい、すごくいい言葉やなと思う。送り出す、見守る。そんな気持ち。

 

ルダイ

ナミさんの気持ちを上手に表現した言葉なんですね。

 


 

ルダイ

この前ナミさんから、サウナがメンタルをととのえるのにとても役立っていると聞きました。趣味のバイクに加えて、ナミさんはここ数ヶ月で一気にサウナーになりましたね。

 

ナミ

そうなの。今年に入ってから感情がすごくフラットになってきて、乱高下しなくなった。それは自分に合うポジションで働けているからでもあるんやけど、サウナを知ったことも大きくて。

 

ルダイ

はい。

 

ナミ

元々温泉やサウナはそこまで好きじゃなかったんだけど、リロがサウナブランド(COFFEESAUNNERS)を始めますとなった時に、自分がサウナに行ってなかったらお客さんに自分の言葉で伝えられないと思ったのね。社長に話したら、「これ読んで行き」って女子目線でサウナの入り方が描かれた漫画を一冊貸してくださった。それを一気読みして、半信半疑で、漫画に描いてある通りの順序でサウナに入ってみた。

 

ルダイ

ほうほう。

 

ナミ

身体を洗ったら、サウナ→水風呂→外気浴。

最初の2セットはまったく意味がわからなかった、水風呂冷たいし。でも、描いてある通り3セットやり切ってから社長に報告しようと思って、3セット目の外気浴をした途端「ととのう」ってこういうことか、、とわかった(笑)

 

ルダイ

我慢して3セットやってよかったです(笑)



ナミ

何回か通ううちに自分のペースもわかってきて、外気浴で考えている時は本当にネガティブな思考が出てこないなと気づいた。私はネガティブになったらがーんと落ちるタイプなんだけど、サウナに行くと全然落ちなくて。

 

ルダイ 

はい。

 

ナミ

それから、考え過ぎそうになった時に、とりあえずサウナに行ってみたら、本当にポジティブに冷静に考えられた。すぐには解決できないことも一回置いておこうと焦らず思えたりね。バイクで長距離ツーリングに行った後に行けば体の疲れも取れるし、最近はサウナの使い方が自分に馴染んできたなぁ。

 

ルダイ

体の疲れも精神の乱れもととのえてくれるんですね。

 

ナミ

軽やかな気持ちが定着してきた今の環境と、今の自分がめっちゃ好き。ただ、今の状態は無意識にだらけてしまいがちだとも認識してるから、今はシビアにやるべきところと軽やかに考えるところのいいバランスを見つけようとしてる。




 

第3回「支えたい / 日常の中に」 へつづきます) 

 

【リロのひと】ナミさん 2022に戻る 

【ルダイのルポライター手帖 2022】トップページに戻る

HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.