My Cart

Close

blog

2018,04,25

2018,04,25

身体が疲れた時に甘いものを欲するのが人の性。身体が糖分を欲求するからなのですが、甘みを感じやすくなるのもこの時。だからあえてカラダやココロが疲れている時は、何も加えずシンプルなドリップコーヒーがオススメ。ぜひ1度、ライトローストからミドルローストのレンジの豆を試してみてください。きっとコーヒー豆本来のフルーティな甘みを感じられるはず。価値観が変わるステキなコーヒーに出会えるかもしれません Read More

2018,04,24

雨でジメッとしている時は爽やかにスカッとしたコーヒーを飲みたくなります。安定した定番メニューでご注文も沢山なのが「アイスアメリカーノ」エスプレッソの冷水割りですが、しっかりとエスプレッソの味を感じつつゴクゴク飲めるのでオススメ。特にドミニカの豆で作るとストロベリーフレーバーがしっかりと。チョコレートの甘みも後からフワッとやってきます。お昼時にサッとクイっとアメリカーノを飲んで元気をチャージして後半の仕事の喝をいれるのがオススメです。ぜひぜひ! Read More
2018,04,24
2018,04,23

2018,04,23

先日、社長から「◯◯さんと話したいから連絡しといて」と言われた。その◯◯さんは何年も前に来られたお客様で僕は何度か会ってはいたが、社長が会ったのは1度だけでそれもほんの一瞬挨拶を交わした程度。僕自身もここ数年はお会いしていないので名前を聞いてもすぐピンと来なかったのが正直なところだ。自分自身のアンテナに引っかかっていないからすぐに記憶の中から取り出せない。僕のアンテナの少なさと低さを反省するのはまた後日自分で勝手にするとして、ウチの会社はアクションを起こす時は、一気に怒涛のスピードで動く。ベストタイミングは自分の物差しで測れないからこそベストタイミングだからだ。だから常日頃から準備をしておく必要がある。急に来たから出来ないじゃなくて急に来るからこそ出来る。自分が実現したいこと会社が実現したいこといつでもロケットスタートを切れるように日頃から常に自分のやりたいことを思い描いておく必要があるし、その為に自身で出来る研鑽も積み重ねる必要がある。とにかく準備をしておく。今、出来る準備をしておく。僕たちはまだまだやりたいことがたくさんある。新しい人もどんどん来る。その為に今、出来ることを伝えていくことが僕の役割でもある。 Read More

2018,04,22

ハンドドリップする時のお湯。粉との接地面に対して垂直に垂らすということも重要で味に変化が現れます。その詳しい理由はワークショップでお伝えするとして、そういった湯の注ぎ方を実現する為には、ケトルも重要だしケトルの持ち方も大事。そして、湯を注ぐ姿勢も。キレイな姿勢でコーヒーを淹れるとコーヒーが美味しくなる所以ですね。おかげ様で毎月人気のハンドドリップワークショップ。5月ももちろん開催です。Facebookのイベントページで更新しているのでご確認くださいませ。 Read More
2018,04,22
2018,04,21

2018,04,21

甘いコーヒーをくださいとオーダーされることが多いのですが、以前はそれこそ砂糖やチョコなど甘いものを加えた甘さを求められることが多かったです。でも近頃は、甘いコーヒーと言われるとコーヒー豆が本来持っている甘味の事を指しているケースが増えてきました。コーヒー屋としては、本当に嬉しいことです。もちろん、コーヒーの飲み方は自由なのでどの様に飲んで頂いても構わないのですが、コーヒー豆本来の味わいを知ってもらう為にはやはりまずは何も加えず飲んで頂けるとわかりやすいです。色んな甘いコーヒーをご用意しているのでお気軽にご相談くださいね。 Read More

2018,04,20

やっと寒さも感じられなくなってきて、本格的にコールドメニューが占める割合も増えてきました。定番人気メニュー「アフォガート」通常は、バニラアイスが主役、エスプレッソが脇役のシンプルなデザート。LCRのアフォガートはW主役。バニラアイスは口溶け、食感の面で存在を主張するものを厳選し、味わいの面ではエスプレッソが主役。二つが交わることで、凝縮されたコーヒーの風味を楽しんでもらえるようにしています。エスプレッソの豆を変えると別物のデザートに変身。オススメはドミニカ プリンセサワイニー 味わいはもうイチゴチョコミルクですというひと言に尽きます。その日の気分でエスプレッソの豆を選んで、色んなアレンジを楽しんでみてください。 Read More
2018,04,20
2018,04,19

2018,04,19

以前、ご来店してくださったお客様と御祝儀袋のお話しをしたことがあります。ネットで探せば色々な種類があって値段もピンキリ。今やスーパーやコンビニなどでも手軽にゲットできる御祝儀袋。おそらく大概の御祝儀袋は感謝の気持ちを込めつつも役目が終わればいつかは処分されるものでずっと手元にある物ではありませんよね。だからこそとっておきのものを。いつかは無くなってしまうけど特別な日に心に残るもので贈りたいのだそう。そう言ってそのお客様はオーダーメイドで作ってもらった御祝儀袋で包んだそうです。…とっても素敵ですよね。きっと自分たちにも言えることで世の中には数え切れないほどコーヒーを飲める場所があってさらにはコーヒーを飲んでしまえばそれは形には残らないのだけどそれでもこの店に足を運びたくなる理由と形以外で贈ることのできるものがあれば良い。コップの中のコーヒーがなくなったときそれと引き換えに心に残るもの出来る限りご用意してお待ちしております。 Read More

2018,04,18

長時間知らない土地に行ったり、何日も宿泊する必要がある時に美味しいコーヒーが飲める状況であることはもはや必須条件で、仕事だったりした時なんかはパフォーマンスに直結します。カフェインが入っていれば良いなんてことじゃなくて、美味しいコーヒーが飲みたい。でも、店も無くて豆も無くて何もない状況ってありますよね。そういう状況になるのが嫌過ぎるので、僕は必ずドリップバッグを持っています。カップと湯さえあれば美味しいコーヒーがどこでも誰でも。LCRには10種のドリップバッグがあります。気分に合わせて色々試すのも面白いですよ。出かける際はカバンやポケットに1つ忍ばせておくと重宝します。 Read More
2018,04,18
2018,04,17

2018,04,17

人気メニューのエスプレッソソーダ。LCRでは通年で販売しておりますが、やはりこれからのシーズンたくさんご注文頂けそうです。モヒートミントシロップと強めのソーダにダークローストのエスプレッソブレンドで抽出したエスプレッソを投入。さわやかな甘さと香ばしさが非常に楽しいドリンク。これから暑い時期に向けてレシピも調整し直しているところです。ぜひ一度お試しください! Read More

2018,04,16

焙煎釜にはキャパシティがあって例えば8kg釜だと、生豆を8kgまで投入することが出来る。ただ、8kgパンパンに生豆を投入してしまうと釜の中で豆がうまく攪拌されなかったり空気が適切に流れず、豆に十分な熱が伝わらなかったりする。だから適度に釜のスペースに余裕を持たせて投入量を決めて焙煎していく。この余裕の持たせ方は焙煎する人によって様々で一応セオリーはあるものの、結局は経験則から決定されていく。キャパシティを知るということとそのキャパの中で最適な分量を知るということは、適切な焙煎をする為には非常に重要なことだ。サービス業においても似たようなケースがあって、良いサービスが行われていない時はスタッフのキャパオーバーだという時があったりする。あれもやらなくちゃこれもやらなくちゃコレをやってからアレに手を付けてアレしながらコレやって。。。となってる最中にお客様から要望が入り、お客様への対応がおろそかになったりする。ぶっきらぼうになったりする。優先順位を間違えたりする。柔軟に対応出来るように心や行動にある程度の余裕を持たせる必要がある。その結果が良いサービスに繋がると思う。早急にやらなければならないことがたくさんあるなら、誰かに振るか、やり方を見直す。焙煎しなければならない豆がたくさんあるなら、2回に分けて焙煎すればいい。焙煎から得られることは実に多い。 Read More
2018,04,16