コーヒーのコクって一体何なのという話を
昨日のインスタライブでしました。

五味の話や成分の話など
専門的な内容も出てきましたが、
最もお伝えしたかったのは
“知ると客観的な評価が出来る”ということ。

あくまでコクは味の表現方法の1つであって、
コクがある=おいしい、ではありません。
人それぞれ、おいしい、は違うので。

でも、コクがあるという味わいが、
おいしいという主観的な評価と
ごっちゃになって語られる事は多く、
その原因はコクの正体が知られていない上に
ある意味曖昧な表現でもあるからです。

人は、知らないものに対しては
主観的な評価をしてしまいがちで、
尚且つ、知らないので不安にもなってしまいがち。

少しずつでも知ることで
俯瞰してみることが出来て
それが正確な評価にも繋がります。

コーヒー周りで知られていないことは
まだまだたくさんあるので、
知って一緒にコーヒーを
楽しんでいけたら嬉しいです。
HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.