リロコーヒーロースターズで〜秋冬限定ホットアップルパイラテ〜が発売されている事をご存知でしょうか?

この「ホットアップルパイラテ」だんだんと季節が秋らしくなってきた今の季節にピッタリのシーズナルドリンクです。秋にかけて旬を迎えるりんご。りんごを使った代表的なスイーツといえば?と聞かれて一番に頭に思い浮かぶのは

「アップルパイ」

寒い日に、温かいアップルパイとコーヒーとの時間。考えただけで、もう最高ですよね。

午後に向けて、もう一踏ん張りするためのエネルギーチャージの時間にも、ちょっと優雅な時間を過ごしたいなぁ、、なんて時にも。この組み合わせは最高で最強。

コーヒーとアップルパイラテがあったらなぁ、、

なんと「ホットアップルパイラテ」はコーヒーとアップルパイを掛け合わせたような夢のようなドリンクなんです。

コーヒーとアップルパイを掛け合わせる??

「?」

と私は思いました。

でも実際に飲んで、「なるほど、すごい!まさにアップルパイ」

とつい叫んでしまいました。

コーヒーと一緒にアップルパイがあったらなぁ。そんな気持ちをまさにこの一杯のドリンクが叶えてくれます。

この「ホットアップルパイラテ」が生まれたきっかけは

「コーヒーをもっと色んな切り口から楽しんでほしい」そんなリロコーヒーのバリスタたちの想いからでした。

この「ホットアップルパイラテ」には、なんとパイがつきます。

スティック状のほんのり甘いサクサクのパイ。このパイが「ホットアップルパイラテ」の味をなんとも楽しくしてくれています。

案がまとまって、試行錯誤しながらもみんなでドリンク作りを進めていく中で、バリスタとして働く喬祐くんが色んな案を出して、中心になってこのドリンクを完成させました。

喬祐くんは誰よりもコーヒーの知識に長けていて、その知識の豊富さから現在はハンドドリップセミナーも定期的に開催しています。そんな喬祐くんの元職業は「パティシエ」

元パティシエであり、現在はコーヒーの知識に長けている喬祐くんだからこそ、

「香ばしさを出すために通常のミルクとアーモンドミルクをブレンドする」「焼き林檎のフレーバーを持つミャンマーの豆を使用する」「このドリンクにパイをつける」

そんな発想が生まれたのかもしれません。

「ホットアップルパイラテ」にパイを浸して食べてみてもよし、ドリンクを飲んでパイを食べてと交互に楽しむのもよし。このパイがある事で、色んな楽しみ方が生まれます。

その人にしかない色があって、その人しか持っていないアイディアがきっとある。

リロコーヒーのスタッフそれぞれが持っている色と発想と、私しか持っていないアイデアがきっとある。

私にしかない色とアイデアで誰かの心を動かす事が出来るかもしれない。

この場所でこれからどんな見た事がない色とアイデアが飛び出すのか楽しみです。

 (書いている人:遠藤有希

HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.