My Cart

Close

blog

2019,10,17

2019,10,17

【コーヒーミルのアレコレ】毎週木曜日は、コーヒーについてのアレコレ。今日はコーヒーミルについて。言わずもがなコーヒーを淹れる時には必須の器具ですが、家庭で使っていると故障したという話をよくよくお聞きします。すぐに壊れるという訳ではありませんが使い方で必ず押さえておかないと電動ミルの寿命が劇的に変わるポイントがあります。【電動ミルのスイッチを入れてから豆を入れること】ものすごく大事なこの1点。刃に何も無い状態で回すのと刃に豆が入った状態で回すのとではモーターにかかる負荷が変わってきます。特に、浅煎りの様な硬い豆を挽く時はなおさら。極烈浅煎り豆(ほぼ生)を負荷がかかる状態で挽こうとして1発でぶっ壊れてしまったという話も聞いたことがあります。豆を挽く時は、豆を入れる前にスイッチを入れて刃を動かした状態にすること。この点を押さえるだけで故障のリスクがグッと低くなります。ぜひぜひお試しくださいませ。 Read More

2019,10,16

あえてコーヒーから離れて生活しようとしてみましたが半日で断念してコーヒー飲んでます。早くも10月半ばで、本格的にコーヒーの季節に。この時期すごくよく購入していただける豆が中煎りから中深煎りレンジの甘みが爆発している豆達。ミャンマー ユアンガン コロンビア エルプログレソペルー カハマルカなどなど。この焙煎度合いのラインナップも豊富なので色々お試しくださいね。 Read More
2019,10,16
2019,10,15

2019,10,15

間も無く終売【ザンビア NCLL】非常に珍しい地域の豆で販売当初からマニアの方もたくさんご注文頂きました。味わいも独特の風味で、クセのある甘さが常連様のハートをガッツリキャッチした豆でもありました。この豆がもう無くなると知ると、あのお客様もあのお客様もあのあのあのお客様も最後の一杯を、とお越し下さると思います。ぜひぜひお早めにお越し下さいませ。 Read More

2019,10,14

コーヒーが世界中で最も飲まれている飲料で、これだけのシェアがあるにもかかわらず今もこれからもなお、新しく商売としても携わろうとする人が絶えないのはもちろん理由がある。コーヒーは、その味わいを感じる時に想像力が占める割合が他のどの飲料よりも多い事がその理由だと考えている。味覚は想像力と密接していて想像力というのは、感覚としての情報量が少ない時により発揮される人間ならではの力である。仮に全く情報が無い状態でコーヒーという褐色の液体が目の前に出された時の感情を想像してみて欲しい。果たして、飲みたいと思うだろうか。赤や白や華やかな色味があるワインと比べても圧倒的に見劣りするし、様々な加工を施すことの出来る料理と比べても全く食欲を刺激されない。むしろなるべく避けたい見た目である。この見た目を補う為に様々な器を用意して何とか美味しそうに見せたり、見た目を補う為にあらゆる情報をその1杯のコーヒーに添付して想像力を増幅させている。また、コーヒー単体の魅力が少ないから他の飲食とも合わせやすく想像しやすく仕向けている。コーヒーをより深く楽しむという事は想像力をより深く発揮するということだ。だから長く好まれるし今も人を魅了し続けている。1杯のコーヒーをどう感じるかは、その人の今置かれている状況や立場スタンスや生き方まで影響する。それは、コーヒーが想像力で楽しむ飲みものであるから。だから楽しい。飽きがこない。人間ならではの嗜好品である。僕たちの様にコーヒーを提供する側の人間はあらゆる想像力をかき立てる様な提供の方法を模索していく必要があってそれは周囲の環境や時代の流れによっても刻々と変化していくものでもある。そこに楽しさもある。日々変わらぬ日常で飲むコーヒーラグビーの快進撃に湧き立つ中でのコーヒー台風で甚大な被害が出ている中でのコーヒーそれぞれ同じコーヒーでも感じ方が絶対に違う。僕たちが今出来ることは想像力がプラスに働き日々何かしらの活力に繋がる様なコーヒーを創り続けることでそのことに使命を感じている。 Read More
2019,10,14
2019,10,13

2019,10,13

本気出してきている10月ど真ん中の連休。今日は昨日とは違い、日本人のお客様が非常に沢山お越しくださり豆を買い込んで下さいました。毎週同じ豆を同じ量買って下さる方、観光でお越し下さった方がお土産にと色んな種類を選ばれる方、もうすぐ海外に赴任される方、デカフェを求めて来られた妊婦の方。コーヒーにまつわるあらゆる目的でも最大限対応出来る様に幅広く豆の種類もご用意しております。今日めっちゃ豆が無くなったから明日めっちゃ豆焼きます。また明日のご来店もお待ちしていますね。 Read More

2019,10,12

世間は3連休突入ですが、あいにくの台風で地域ごとのこの連休の過ごし方は大きく変わりそうです。大阪市内は今回の台風では大きな影響を受けなさそうでLCRも喫茶も通常通り営業。明日ももちろん通常通り営業しております。災害の影響を受けず、無理することなく通常通り活動出来る地域は通常通り活動した方が良いので今後もその判断のもと、営業を続けていきたいと思います。 Read More
2019,10,12
2019,10,11

2019,10,11

LCRで今、最もオーダーの多い豆【コロンビア ブエナビスタ ゲイシャ】特に豆販売でのご購入が多く、ギフトなどでもよくご利用頂いています。全体的に非常に力強い風味特性が特徴で、グリーンアップルのフレーバーから始まり、ジャスミンの香りとフルーティさ、レモンキャンディを舐めているような甘さと丸さが絡み合い複雑なフレーバーが非常に個性的。 マウスフィールも特徴的で、粘性を感じ密度のある印象がバナナをかじっているかのようにも感じられます。ゲイシャと言えば、パナマやエチオピアを連想しがちですが、コロンビアのマイクロミルでも積極的に高品質のゲイシャ種栽培に取り組んでおり、このコーヒーの個性もまた、ゲイシャ種の新たな側面を感じられる味わいになっています。 Read More

2019,10,10

【コーヒーの濃度アレコレ】毎週木曜日は、コーヒーについてのあれやこれやをつらつらと書いています。今日はコーヒーの濃度について。よく勘違いされがちなのは、浅煎りの豆=薄いコーヒー深煎りの豆=濃いコーヒーとされてしまうこと。確かに、さっぱりとした明るい酸が特徴の浅煎り重厚感のあるボディと苦味が特徴の深煎り一見、薄い、濃い、とまとめてしまいがちで日本語のややこしいところでもあります。薄い、濃い、は、濃度のことで浅い、深い、は、焙煎度のことです。浅煎りの豆でも薄い濃いはあり、深煎りでも同様です。自分がおいしいと感じるコーヒー飲みたいコーヒーで、ココをごっちゃにしてしまうと飲みたかった味に出会えず残念、ということになりかねません。浅い深いは豆によって焙煎を変えていますが、薄い濃いである濃度は、おいしいと感じる適切な濃度というものがありそれをレシピで調整しています。濃度計を駆使して均一な濃度になる様に定期的にチェックしています。濃度が濃すぎるコーヒーは舌や鼻で感じる情報が多くなりがちでその豆が本来持っている良い部分を覆い隠してしまう傾向にあり、時には浅煎りでも苦さを全面に感じることも。濃度が薄すぎるコーヒーは逆に情報が少なく味気なく感じ深煎りでも水っぽく感じてしまうことも。バランスが大事です。焙煎度と濃度。これらを改めて見直してみると美味しいコーヒーに出会える可能性が格段にあがります。ぜひぜひお気軽にお声掛けくださいませ。 Read More
2019,10,10
2019,10,09

2019,10,09

良いものを良いと感じる為には良くないものも知る必要があってそこはかなり意識しています。良くないものばかりにまみれていると良いものに触れた時にそれが良いと気付くのに時間がかかったり、ヒドイ時は気づけなかったりします。バランスが大事。お休みの日は特に良いものに触れられるチャンス。休日にもぜひぜひご利用くださいませ。 Read More

2019,10,08

リリースした途端に瞬く間に購入されていきまくるLimited Beans【コスタリカ ラ フィラ アナエロビックナチュラル】口に含んだ瞬間、シナモンの香りとラズベリーの酸味が合わさって非常にインパクトのある複雑なフレーバーが。ヨーグルトの様な甘みと濃厚な口あたりも飲み進めると追いかけてきて、サングリアを舐めている様な余韻も感じられます。コスタリカはマイクロミルが多く、独自性のある最先端の精製方法をどんどん生み出している生産国。アナエロビックファーメンテーションは、近年ではその代表格となりつつある精製方法。嫌気性(酸素が全く含まれない状態)での発酵状態を故意につくるのですが、ラ チュメカ マイクロミルでは、従来の方法より遥かに長い96時間の嫌気性発酵を行い、独自の個性的な味わいを創り出しています。よくあるシナモンプンプンのアナエロビコとは異なり、様々なフレーバーがコンプレックスに感じられる楽しいコーヒー。ぜひぜひお楽しみくださいませ。 Read More
2019,10,08