My Cart

Close

blog

2019,10,07

2019,10,07

英語にも方言がある事は知っていたけれどLCRに立つようになってから身をもって実感するようになった。すんなり頭に入ってくる英語もあるし英語なのに英語に全く聞こえないぐらいクセが強い英語もある。すんなり入ってくる英語は、おそらく僕があまり英語が上手ではないことを察してわかりやすくゆっくり話してくれていると思う。日本語にも方言がある。僕は大阪人で大阪で商売をしているので数ある方言の中でもここでは大阪弁について取り上げるが、大阪弁と標準語を比べた時に全く同じ事を話していても違ったニュアンスに聞こえることは多々ある。一般的に大阪弁の印象は•親しみやすい•面白い•品に欠けるところがある•怖いなどがある。一方標準語の印象は•ていねい•上品•公用語•冷たい•プライド高そうなどがある。もちろん個人個人感じ方は違うけれども、大阪の人間は大阪弁のことが大好きなので大阪弁について肯定的な印象を持つ人が多い。関東方面の人は標準語に対してがそうだ。ずっと自分が使ってきた言葉だからだ。自分が扱う言葉がどの様な性質を持っているのか理解しているのとそうでないのとではその取り扱い方が全く違う。言葉というのは接客業においてまず初めに受けるサービスなのでここの引出しは幅広く持っておくに越したことはない。自分の言語以外を否定するのは自らその幅を狭めているのと同じ。無理に言語を変える必要はないが自分の言語の扱い方は知っておく必要がある。その方が優しい。コーヒーの抽出方もそれぞれでハリオV60だけを取ってもそのレシピは様々だ。僕たちコーヒーパーソンにとっては言語と同じかもしれない。人それぞれ淹れ方があり人それぞれ考え方が違う。あらゆるレシピの長短を理解して、環境や状況によってそれを出し入れしお客様に喜んで頂くのがプロのバリスタだと考えている。1つのレシピに固執したり他のレシピを否定したりするのは結局は自分にとってマイナスでしかないのだ。慣れない言葉や新しい言語ほど興味を持って取り入れる姿勢をまずは持ち続けていたい。 Read More

2019,10,06

今日も沢山のお客様のご来店ありがとう御座います。昨日来られたお客様が今日もお越し下さりコーヒーを飲まれます。昨日飲んだコーヒーより今日飲んだコーヒーの方が、おいしい時って一度はあると思います。もちろん僕たちは毎日豆の状態はチェックしてその豆のポテンシャルを最大限に引き出す為のコンセンサスはスタッフ間同士で取るのですが、それでも味が違うことって一度はありますよね。味覚は体調によって大きく変化します。大切なのは自分の味覚はどういう時に鋭くなってどういう時に鈍くなるのかそれを知ること。風邪をひいたり胃の調子が悪かったり寝不足だったりそれぞれの状態で味の感じ方は変わります。僕たちバリスタももちろん豆の状態は日々変化するのでそれを細かくチェックしますがそのチェックの精度を高める為にも必要なのは、体調をまず整えることです。コーヒーを存分に楽しくする為に健康的な生活を送りたいものですね。 Read More
2019,10,06
2019,10,05

2019,10,05

遂に本領発揮の国慶節。特に日中はずっと来店止まらずスタッフ5人体制の時も。コーヒーみんな好きで嬉しいです。僕も好きです。時間がホントにあっという間に過ぎていくのがなんか勿体ないと感じてしまうほど楽しくコーヒーをぐんぐんと淹れました。アメ村界隈も人だらけ。楽しい嬉しい週末をリロで共に過ごしましょう。 Read More

2019,10.04

ラグビーワールドカップの盛り上がりと中国の国慶節ロングホリデーも重なり、外国人のお客様が溢れんばかりに押し寄せて来ています。そんなごった返している中明日からいよいよNew Beansが登場。•コロンビア ブエナビスタ ゲイシャ•コスタリカ ラ フィラ アナエロビコナチュラルこの2種。それぞれ個性際立つ限定豆なのでぜひぜひお楽しみに。豆の詳細情報はまた改めて書きます。ひとまずまずは試してみてください。衝撃的な味わいです。 Read More
2019,10.04
2019,10,03

2019,10,03

【カッピングのアレコレ】毎週木曜日は、コーヒーの事について書いたりコーヒー豆知識について書いたりあれやこれやと書いています。今日はカッピングについて。カッピングって言われても何のこっちゃの方の方が圧倒的に多いので、簡単に説明すると、コーヒー焙煎豆の成分をなるべく余す所なく抽出して、同条件で抽出したコーヒーをいくつも飲み比べること。そのコーヒーは何者か、という事を手っ取り早く知る事が出来る非常に便利な抽出法です。良いところも悪いところもまずは全部出してみて、そこからどうしようかあれやこれやと考えて組み立てていくので様々なコーヒーショップではとりあえずまずはカッピング、ということで営業前にその様子がSNSにアップされたりもしています。その豆は何者か、を知る事が出来ればじゃあそこからその豆に対してどの様な抽出を行えば、更に美味しくお客様にご提供出来るのかを考えることが出来ます。コレだけでもカッピングは大事ということがわかりますね。そして、最も重要なことでカッピングがあらゆる基準になる理由の1つが【比較することが出来る】という点。世界基準でカッピングのレシピが定められているので純粋に豆の善し悪しを判断しやすくなっています。豆量、湯量、湯温、挽き目、抽出時間からカッピングボウルの材質や水の硬度かき混ぜ方、すくうスプーンの材質まで、実は全て推奨されているものが決められています。味を判断する正確さとスピードを競う世界大会も毎年開催されている程。興味のある方はネットで調べればすぐに出てくるのでまた覗いてみてください。今回はその中でも、最も味に影響しやすい豆量と湯量について。豆量:8.25g(±0.25g)湯量:150gこの黄金比をまずは守ってカッピングすると精度が高くなります。ぜひぜひお試しください。 Read More

2019,10,02

近頃嬉しいことに、ライトローストの豆をチョイスされるお客様が国内外問わずかなり増えてきました。オープン当初、お客様の8割以上がダークローストの豆を選んで飲んでいたことを考えると、世の中の流れであったりご提案方法であったりそれらの移り変わりを実感します。ライトローストのラインナップにはかなり僕の好きな豆も入れこんでいます。もちろん他のバリスタもそれぞれ好みが。そんな話をしながらコーヒーを楽しむのも良いですね。 Read More
2019,10,02
2019,10,01

2019,10,01

10/1はコーヒーの日。毎年こうやってこの日がコーヒーの日と言いながら焙煎出来てコーヒーを淹れられていることに感謝しています。コーヒー屋にとっては心機一転節目の日ではありますが、やる事は変わらず普段通りのコーヒーを普段通りにご提供していきます。僕たちにとっては日常のものを日常に出来ていることが幸せだと感じられる日です。 Read More

2019,09,30

昨日の夜、御堂筋を自転車で走っているとふんわりイチョウの香りがした。見た目にはまだイチョウの葉も青々としているし銀杏も落ちてはいないけれど、ほんのりその香りを感じるだけで頭の中の情景は、辺り一面黄色の絨毯が敷き詰められ秋の装いでショッピングを楽しんだり美味しかったスイーツの話に夢中な若者達で賑わう秋の御堂筋だ。御堂筋でイチョウの香りを感じるとそんな景色がしっかりと明確に浮かび上がる。イチョウの香り。イチョウの香りとはギンナンの香りのことだ。漢字はイチョウもギンナンも同じ、銀杏。正直、クサイ。全く好きな臭いではない。焼くと随分マシではあるが生のギンナン単体で嗅ぐと鼻がもげるし、もげた。ヒドイにおいだ。ただそれは、あの秋の御堂筋の光景を知る前の話。あの景色を見た時に強烈なインパクトがありイチョウと言えば御堂筋が浮かび上がるようになりそこには常にギンナンの香りがセットになっているので、ギンナンの香りでその光景を思い出す様になる。不思議なもので、あれほど不快に感じていたニオイが今では他の植物にはないオリジナリティを感じて僕にとって好きな香りになってしまっている。好きになるとイチョウやギンナンのことを調べたりして種子植物なのに受精の際に精子を作る比較的珍しい植物であることや、ギンナンを食べ過ぎるとビタミンB6が欠乏して食中毒を起こす可能性があって、人間にとって害があるものでもあるからあんなニオイがするのかなとか考えたりとか、気づくとめっちゃギンナンしてる。もう焼鳥屋に行くと絶対ギンナン串は注文する。ギンナンのニオイ単体だけの印象とは180度違う捉え方になっている。他の物事や、もちろんコーヒーにも同じ事が言えて、コーヒーの液体、ただそのものだけだと取り立てて何も感じなかったとしてもコーヒーを飲んだ時の情景であったり空間の雰囲気であったり人との会話であったり印象的なものと組み合わさった時に、香りや味が脳裏にインプットされることがある。そして、そのコーヒーの淹れ方だったり淹れた人だったり焙煎だったり生産地のことだったり、知れば知るほどどんどん好きが増していく。コーヒーは、液体の色が茶褐色で見た目も良いとは言えず何の情報もないところからのギャップが大きいから特にそういう好まれ方をする。色んなものを組み合わせて楽しみが増すコーヒーはやはりステキな飲みものだ。あのコーヒーの香りをかげばいつもLiLoのあのお店の雰囲気を思い出す、そういうコーヒーを創り続けたいと思う。 Read More
2019,09,30
2019,09,29

2019,09,29

万国共通、根強い人気のエチオピア。今日の気分ではエチオピア イルガチェフェ ドゥメルソ ウォッシュトをエアロプレスでジューシーに抽出。エアロプレスのフィルターはもちろんLCRオリジナルステンレスフィルター。コーヒーオイルがフレーバーの塊で、それを余すことなく抽出できる優れもの。僕たちは毎日その日のオススメの1杯を決めてカウンターに立っております。お客様のお好みに合わせてオススメ豆は変化させますが、ベースは各々が考える今日の1杯。明日も楽しく美味しいコーヒーをご提案致します。 Read More

20190,09,28

日々過ぎて行く時間はあっという間で毎日お店に立っていると曜日の感覚がわからなくなることも。今、何曜日だっけ?と気付くのが来られるお客様によることが多いです。毎週末お越し下さるお客様もいらっしゃいますし、平日のみ仕事の合間にお越し下さる方も。生活圏にコーヒースタンドがあってそれぞれのライフスタイルにコーヒーが溶け込んでいることを実感出来るステキな日々をお客様のおかげで過ごしております。改めてそのことを想うと本当にありがたいことです。これからも皆様の生活をほんの少しでも彩ることが出来る様な営業を続けていきたいと思っています。明日も皆様のお越しをお待ちしております。 Read More
20190,09,28