日々忙しくされていて
それこそ分刻みでスケジュールが
パンパンに詰まっている人ほど、

「自分を整える時間」

をしっかりと作っている、と
この仕事に携わる様になって
実感する様になった。

自分を整える時間を
意識して作る理由は単純明快で
パフォーマンスアップの為。

自分の整え方は、
それこそホント人それぞれで
音楽に没頭したり
好きな本を読んだり
身体を動かしたり
アートに触れたり
食事にこだわったり
旅行に行ったり
人とコミュニケーションを取ったり
イロイロ。

一杯のコーヒーを
丁寧に淹れて
ゆっくり飲む。

という事を、
自分を整える時間として
スケジュールに組み込んでいる方もいる。

僕が尊敬している方々は
類に漏れずそうで、
どれだけ忙しくても
自分を整える時間を確保しているから
素晴らしいパフォーマンスを
キープ出来ているんだなと
感じるシーンが多々ある。

バリバリグリグリ仕事できる人は
ちぎれる程遊んでいる様に見えたりする。

自制がなかなか効かないワガママな僕に
足りない部分だと自覚していて、
僕の今の課題でもある。

コーヒーを1から丁寧に淹れる時間は
自分と向き合える時間としても有効で
その時間をつくる為に、
他の時間を整理する方も多い。

自分を整える為にコーヒーを。

そういう使い方をしてもらえると
コーヒー屋冥利につきる。
HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.