コーヒーを最終的に消費するのは
飲む人、であって、
だからどこまでいっても
コーヒーは嗜好品だ、
ということはきっと皆共通の認識だと
信じている。

嗜好品をもっともっと沢山の人に
知ってもらって、飲んでもらいたくて
僕たちは仕事にしているわけだから
【楽しむ】という側面からのアプローチが
大切だという信念がある。

コーヒーの前提は
エンターテイメントであるべきだ。

嗜好品であるコーヒーがエンタメ
という認識の順序が大事だと
僕は考えていて、
もちろんコーヒーについての
真面目で大事な難しい話、や
環境問題や生産地の状況も
大切ではあってコーヒーに携わる上で
考えていく必要があることだが、
嗜好品という前提をすっ飛ばして
小難しい話をつらつらと重ねることには
いささか違和感を覚える。

まずはもっともっとカジュアルに
コーヒーを楽しんでもらう事にフォーカスして
毎日コーヒーを創っていきたい。

僕はそう考えている。

目の前の一杯のコーヒーを楽しむ為の方法、
そのコーヒーをエンタメ化する提案、
その為に取り組んでいく必要があることは
山ほどあって、それらを僕たちが
楽しんでいくことを全力で見せていく。

そういうコーヒーを
明日も創っていきたいな。
HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.