初めてコーヒーを作ったのは
恐らく小学生の頃だろう。

お母さんに頼まれて
インスタントの粉をマグにいれる。
ポットからお湯をそそいでかき混ぜる。

ピンク色のミニーちゃんのマグは
お母さんのだから
粉末ミルクをいれてカフェオレに。
黒色のミッキーのマグは
お父さんのだから
ミルクはいれずにブラックで。

興味本位で
お母さんのカフェオレをちょびっと
飲んでみるけど鼻に抜ける香りが
やっぱり子供にはほろ苦くて。

いつしかコーヒーを作ることを
頼まれることもなくなったけれど

今では
静岡の実家にはコーヒーの抽出器具が
しっかりと揃っていて
わたしがメモした抽出レシピも
ちゃんと見える場所に貼ってある。
お父さんがハンドドリップで
お母さんの分も一緒にコーヒーを作る。

お母さんが一人の時には
ドリップバッグで
コーヒーを飲むらしい。

先日、うちのコーヒー豆とドリップバッグを
両親へ送ったところ
「豆届いたよ♪ありがとう!
お父さんが職場に
お母さんのドリップバッグを持って行った!」
と、母からラインがきた。

思わず笑ってしまった。

そっか。お父さん、職場にもドリップバッグ
持って行ってくれてるんだ。
でもお母さんのコーヒーなくなっちゃうな。
また今度、ドリップバッグたくさん送ろう。
コーヒー豆を持って近いうち実家に帰ろう。
次はいつコーヒーを送ろうかな。
次はどの豆にしようかな。

こんなに離れていても
コーヒーが距離を繋いでくれる。
コーヒーが側にあるだけで
家族のことを想う時間が生まれる。

ありがとう、コーヒー。

次、自分で両親にコーヒーを
淹れてあげれる時までに
もっともっと
美味しく淹れられるように頑張ろう。
HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.