アイリッシュコーヒーを考案するにあたって
色々と考え込んだ。

私自身、お酒が強くないから。

コーヒーが好きだから
コーヒーを使っているものに
興味がある。
だけれど
お酒はすぐに回ってしまうし
量はたくさん飲めないし。

お酒が大の得意ではないのに
手を出すのも筋が通らないかな…とか
Barで飲むイメージが強くて
Barの人に失礼じゃないかな…とか。
そんなことで
周りの人に認めてもらえる
コーヒーになるんだろうか。

うじうじ考え込んで
なかなか行動に移せなかった。

でも
他のお店で飲んだアイリッシュコーヒーが
すごくおいしかったなって。
アイリッシュコーヒーを初めて飲んで
自分が感動したように
誰かにもホッコリしてほしいな。
コーヒーを使ったお酒って
きっと名前は聞いたことがあるけれど
実際に飲んだことがある人って
どれくらいいるのかなって。

普段はお酒は飲まないけれど
コーヒーが相方なら話は別で。

コーヒーを使ったお酒ではなくて
お酒を使ったコーヒー。

ケイタさんが焙煎してくれた豆を
うちの環境で
お客様とスタッフが
最大限に楽しめるコーヒーを
作るのが自分の仕事だ。

コーヒー屋だからこそ
作れる味がある。
ケイタさんが焙煎した豆を
一番良く知ってるのは
自分達じゃないか。

それが
LCRのアイリッシュコーヒーが
誕生した理由。

もうすでに
来年の冬に作りたいアイリッシュコーヒーの
レシピも色々と浮かんでいる。

今年は今年で楽しんで。
来年の冬にはまた
新しい味とコーヒーの楽しさを
お届けできるように。

HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.