コーヒーのことを知ってくると、
コーヒーの味わいを調整出来る様になってきます。

もちろんその豆が持っているポテンシャル以上のことは
出来ませんが、その範囲内で
“ちょっと甘みを強くしてみよう”とか
“ちょっと濃度を薄めにしてスッキリさせてみよう”とか
出来る様になってきます。

それは抽出においても焙煎においても同じで
知識が増えて技術が身に付いていけば、
そのレパートリーは増えるし幅が広がっていきます。

自分の意思がその一杯のコーヒーに
込めやすくなっていきます。

だから僕は誰かに淹れてもらった一杯に込められた思いを
じっくりじっくり考えたりします。

豆の状態や淹れ方、人、環境、時間、空間、
あらゆる情報をパズルの様に組み合わせて
“こういう意図で淹れてくれたんだろうな”
と考えています。その過程が好きです。

それが身近なスタッフなら答えあわせをしたりもします。

“その一杯に意図を込められる”ということは、
スペシャルティーコーヒーならではの
特権だと思っています。
HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.