コーヒーをコーディネートする。

それが焙煎士の仕事だと考えています。

ただ、目の前にある豆を適切に焼く、
という作業だけでは無くて、その焙煎した豆が
誰の手によって
どの様な形で届けられて
どんな風に使われて
どんな気持ちになってもらえるか。
そしてその連鎖が更に遠くに伝わるかどうか。

そこまでイメージして、今その目の前のコーヒーを
どうするかを考えていく仕事です。

ただ、目の前にある生豆を適切に焼く、
というのは誰にでも出来るし、
良い設備と良い環境があれば
比例してそのクオリティーは高まっていきます。

そこに焙煎士の価値を見出すことは難しく
テクノロジーとは違う軸で価値をつくる必要があります。

そんなことを考えながら
今日も朝から晩まで焙煎しています。
HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.