ローストゴールをバキバキに設定している豆よりも
あえてローストゴールの幅を持たせている豆の方が多い。

その理由は色々あるが、最も強い理由が
“もっともっと美味しくなると考えているから”
もちろん、僕以外の人が焙煎するとなれば
ローストゴールの設定の仕方も変わってくるとは思う。

全ての豆に対して、毎回その時の最高の焙煎を施していると
思ってはいるが、満足したことは一度たりともないという
超絶ワガママスタイル。

もちろんクオリティーチェックの際、抜群に美味しいな
と感じるカップはたくさんある。

でも、これがてっぺんでもうこれ以上良くなることはない
と思ったことがなくて、だから僕は自分が焙煎した豆に対して
実は表面的なリアクションが薄い。

もっとうまくやれたらイイなとも思うんだけどね。

今日もたくさん焙煎しています。
HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.