Background of Coffee

[Sepember limited] OCHIGURI Blend ~落栗~ができるまで

[Sepember limited] OCHIGURI Blend ~落栗~ができるまで

[落栗]とは 落ちたばかりの栗のような、若々しく赤みの強い茶色。

【2022.6】KAKITSUBATA Blend ~杜若~ができるまで

[杜若]とは 青みのある鮮やかな紫色 美しい紫色の花を咲かせる杜若の花の色です。
【2022.6】KAKITSUBATA Blend ~杜若~ができるまで
【2022.5】YAMABUKI Blend ~山吹~ができるまで

【2022.5】YAMABUKI Blend ~山吹~ができるまで

[山吹]とは 黄色とオレンジのあいだ 山吹の花のように鮮やかな黄みの橙色です。  

【2022.4】URABA Blend ~裏葉~ ができるまで

[裏葉]とは 木の葉や草の葉裏のように、ほんのり くすんだ薄緑色。 白を溶かした清潔感のある爽やかな緑です。
【2022.4】URABA Blend ~裏葉~ ができるまで
【2022.3】USUZAKURA Blend ~薄桜~ ができるまで

【2022.3】USUZAKURA Blend ~薄桜~ ができるまで

[薄桜]とは 桜の花の色のような 、ほんのりと淡く 紅みを含んだ白。 日本人は桜の花にいくつもの色を名づけてきましたが、 その中でも「薄桜」は特に明るく柔らかな色です。

【2022.2】BENIKABA Blend ~紅樺~ ができるまで

紅樺色とは やや茶色っぽく、落ち着いた赤橙。樺桜の樹皮の色から由来する名前で、 江戸時代中期には着物の地色として愛好された色です。
【2022.2】BENIKABA Blend ~紅樺~ ができるまで
シーズナルブレンドに込めた思い

シーズナルブレンドに込めた思い

1. 「日本の味」をスペシャルティコーヒーで表現したい 2. スペシャルティコーヒーでブレンドを作る? 3. 日本らしさとは何か。 4. 「大阪のロースター」から日本、世界へ。  
【2022.11.11】“餃子とリロと◯◯と” 1周年!(Click here!)

【2022.11.11】“餃子とリロと◯◯と” 1周年!(Click here!)

日曜日に営業します!ぜひぜひこれまで以上にハシゴしやすくなった餃子とリロと◯◯との2年目もよろしくお願いします。
自分が今、何をしていてどこにいるのか、役割はなんなのか。(Click here!)

自分が今、何をしていてどこにいるのか、役割はなんなのか。(Click here!)

焙煎したての豆、焙煎から1週間程経った豆、焙煎から1ヶ月経った豆。同じ生豆で同じローストプロファイルで同じ抽出をしてもこれらの味の感じ方はまるで変わります。
百聞は一見にしかず(Click here!)

百聞は一見にしかず(Click here!)

生産国に実際に行って肌身で感じてわかることはあって、それこそ百聞は一見にしかずだと言うのはわかりそうなもので。