リロ珈琲喫茶四周年を機に新しくリリースされたコンテンツのひとつ
形式は昨年同様、リロのスタッフ一人一人への
インタビューという形でその人となりを引き出しています。
ルダイの会話の整理整頓力が存分に発揮されている文章たちです。
僕自身、文章を書く時にいつも思うことが、
“書く内容の文量に対して、最低でも5倍は
知ったり考えたりしていないと書けない。”
ということ。
5倍は最低ラインで、インプットや考える総量が
もっともっと増えれば増える程、その内容は
厚みが増して面白みも増大すると思っています。
このルダイのルポを書く為に、
考えていることとインプットの総量を想像してみると
相当な量と質でないと、こんな受け応えはなかなか出来ないと思います。
相手のことをたくさんたくさん考えていないと
こんな風に個々の個性が存分に発揮されている文章は書けない。
そんなルダイの個性もしっかりとわかる
内容になっています。
ぜひ、一度目を通してみてください。
喫茶に行くワクワクが増大する内容になっています。
HISTORY (Book 1/6)

HISTORY (Book 1/6)

How coffee can make people's lives fun and interesting.
LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

LiLo Coffee Roasters (Book 2/6)

 Let’s find out what you “like” in a cup of coffee, and be excited for new possibilities.
LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

LILO COFFEE KISSA (Book 3/6)

A place for “contemplate the depth of coffee“
LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

LILO COFFEE FACTORY (Book 4/6)

 Three characteristics let you know it’s LiLo's by your first sip.
Four playgrounds (Book 5/6)

Four playgrounds (Book 5/6)

  The fun of coffee will never be narrowed even if you deepen it, and the connection with people won’t fade even if you spread it out.
FUTURE (Book 6/6)

FUTURE (Book 6/6)

A cup of delicious coffee could make a positive cycle in your life.