古の王墓の隠されし真実

僕が小学生になったばかりの頃。大阪旅行に向かう飛行機の窓から、不思議な森を見つけた。深い緑色の樹木が、大きな鍵穴の形でびっしり生えていて、その周りはぐるっと一周水に囲まれている。まるで、テレビで見たナスカの地上絵みたいだ。

両親に「あれは何?」と聞くと「昔の王さまのお墓だよ」と教えてくれた。日本に王の墓があるの!?きっと宝物が隠されているに違いない!子どもの僕はインディジョーンズになった気分で、冒険心がむくむくと湧き上がってきたのを今でも覚えている。それが古墳との初めての出会いだった。



仁徳天皇陵古墳(上空南西から):堺市提供

 

迷宮入りの世界遺産、黒幕は…

あれから十数年がたち、「大阪初の世界遺産」というニュース記事をみて驚いた。あの時の古墳だ!2019年に世界遺産となった百舌鳥・古市古墳群は、堺市・羽曳野市・藤井寺市にまたがる巨大古墳群だ。百舌鳥古墳群の1つである仁徳天皇陵は、エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝と並んで世界3大墳墓の一つ。甲子園球場が12個もすっぽり収まる広さらしい。やっぱりあれはすごい遺跡だったんだ!

ネットで検索していると、気になる記事が目に留まった。仁徳天皇陵に被葬されているのは、本当は仁徳天皇ではないと主張する歴史学者が何人もいるらしい。しかし調べてみても、それ以上詳しい情報が出てこない。

ん?これまでにたったの2回しか発掘調査が行われていない!?教科書に載り、世界遺産にまで登録されているのにどうして…?

 

 

仁徳天皇陵の真実がベールに包まれている、その原因は宮内庁だった。明治時代以降、天皇の陵墓は宮内庁が管理していて、立ち入りや調査を禁じている。

これは、何か重要な秘密を隠しているとしか思えない!あの時飛行機の中で感じた、謎解きのようなワクワクを思い出してきた。

 

 


\テキストの全文は冊子でご覧ください!/
   

 


 

 大阪ブレンド(古墳)ができるまで

 ■ 謎、謎、謎。分からないから面白い世界遺産

 

うっそうと茂る樹木に覆われた、鍵穴型の特徴的なシルエット。住宅街に囲まれて存在感を放っているのが、百舌鳥・古市古墳群だ。古代日本の王たちのために築造された全長200mを軽く超える前方後円墳たちが、無数の中小墳墓と密集して群を形成している。

「仁徳天皇陵に眠っているのは、本当は誰?」「どうして前方後円墳の形になったの?」現代の研究でも解明されていない謎が多いからこそ、1600年の歴史を持つ王の墓は、歴史アドベンチャーのように好奇心と想像力を掻き立ててくれる。





 

■「古墳」から、冒険心が沸き立つブレンドコーヒーをつくる

 

ここからは焙煎士 中村圭太の腕の見せ所!謎多き古墳群をもとに、ブレンドの味わいを構築していく。

 

  • 堺市・藤井寺市・羽曳野市には、巨大な前方後円墳が多数密集している
  • 宮内庁が調査を禁止しているため、今でも謎が尽きない



  

表面を覆う草木の下に悠久の歴史が静かに隠れている、古墳をイメージしたミステリアスなブレンドに仕上がった。

口の中にクラシカルなコクと香りが広がり、飲み進めるにつれて、何かの味がするんだけど何なのかわからない、不思議なフレーバーが見え隠れ!


 

Regular
¥1,000
Sale
¥1,000
Regular
Sold Out
Unit Price
per 
Tax included.

Type: 5 Drip Bags

SKU
Only -20 left!