COLOMBIA El Mirador Catiope Pink Champagne Washed

Regular
¥1,150
Sale
¥1,150
Regular
Sold Out
Unit Price
per 
Tax included.

Size: 50g

Grind: Whole Bean

【Cupping Comment】

① Raspberry and rose tea flavors that rush from the mouth to the nose.

A harmony of acidity and sweetness from pink grapefruit and pomegranate.

An intriguing aftertaste similar to acerola juice.

 

【Origin】Colombia

【Region】 Huila

【Farm】 El Mirador / Elkin Guzman

【Altitude】1550m-1680m

【Variety】 Catiope

【Process】Pink Champagne Washed

【Roast Level】 1 Light Roast 

【Flavor】   raspberry、rose tea、pink grapefruit、pomegranate、acerola

 

 【Recommended Brew Method】

Espresso・V60・AeroPress ・American Press・Cold Brew

Start date of handling】 2024, 6/3

We ship coffee beans within 7 days of roasting.  

About the beans, stickers and flavor illustrations that arrive 

  



現在コロンビアでは本当にたくさんの農園で新しい試みが行われています。

今回は、発酵のスペシャリストEl Mirador農園 のGuzmanさんのコーヒーが登場です。

Many innovative experiments are currently underway at numerous farms across Colombia. One standout is the coffee from Mr. Elkin Ferné Guzman at El Mirador Farm, a fermentation specialist.

 

◉いつでも飲み手のことを考える、発酵のプロ

コロンビア南西部・ウイラ県ピタリト地方で、70年以上にわたりコーヒー生産を手がけてきたグスマン家。その3代目にあたるエルキン・グスマンさんは、発酵のパイオニア的存在として知られています。2005年頃から独自にコーヒー豆の発酵の研究を始め、カーボニックマセレーション、乳酸・酢酸ナチュラルプロセス、ナチュラルハイドロハニーなどを開発。農園のSNSアカウントには、アフリカやインドネシア、シンガポールなど、世界中のコーヒー生産者からアドバイスを求めるメッセージが届くといいます。

グスマンさんは、いつでも自分のコーヒーを飲むお客さんのことを忘れません。

「私たちが売っているのは一杯のコーヒーです。生豆が農園を離れた後のことに無関心でいてはいけないんです。生産者にとって大切なのは、自分たちのコーヒーをリピート購入してもらい、中長期的な関係を築くことだからです。つまり、もっとも下流にいる生活者がいなければコーヒー業界は成長しません。カフェに行ってお金を払うのも、おいしかった、満たされたと感じるのも生活者です。だから、生産者である私たちも生活者の存在は常に意識しておく必要があるんですよね」

 

だからこそ、グスマンさんは顧客からのフィードバックを大切にしています。国や地域によって異なるニーズを叶える精製方法や発酵工程を模索し続けているのです。

「輸出業者のClearpath Coffeeとの提携は追い風になりました。メールやWhatsAppで顧客からのフィードバックや情報などを顧客と直接やり取りし始めたことで、何をすべきかが見えやすくなったからです。彼らとはチームワークが生まれ、共存共栄の関係になっていますよ」

 

Located in the Pitalito region of Huila in southwestern Colombia, the Guzman family has been producing coffee for over 70 years. Elkin, the third generation, has become a pioneer in fermentation techniques. Since around 2005, he has developed unique fermentation processes such as carbonic maceration and natural lactic-acid and acetic-acid processes, along with natural hydro honey. His farm's social media accounts receive messages from coffee producers worldwide seeking advice, from Africa to Indonesia and Singapore.

Elkin never forgets the consumers who will ultimately enjoy his coffee. He emphasizes the importance of maintaining interest in the coffee even after it leaves the farm, as building long-term relationships through repeat purchases is vital for producers. "The coffee industry won't grow without the end consumers who pay at cafes and feel satisfied with their coffee," he says. That's why he always keeps the consumer in mind.

Elkin values customer feedback greatly, continually exploring processing and fermentation methods to meet diverse regional needs. His partnership with the exporter Clearpath Coffee has been particularly beneficial, allowing direct communication with customers via email and WhatsApp, enhancing understanding of their needs. This collaboration has fostered a synergistic and mutually beneficial relationship.

 

◉コロンビアのコーヒーを牽引する輸出業者

生産者のパートナーを自称するClearpathは、いわば「コーヒー生産者の営業部隊」です。生産者の代わりにサンプルの生豆を発送し、興味を持った顧客には農園訪問や、生産者とオンラインで話す機会を設けます。サンプルを試した顧客からフィードバックが届けば生産者と共有することで、より魅力的な商品づくりを後押ししています。

「私たちは生産者と対等な立場で仕事をしたいと思っています。農園を所有し、高品質のコーヒーを育てるノウハウを持つ生産者。国際貿易や金融に関する知識を有し、世界中の顧客とのつながりを持つ私たち。両者が力を合わせることでシナジーを生み出そうとしているのです」

生産者をバイヤーやロースターの目に見える存在にすることで、彼らの地位を向上させ、勇気づけたい。そう願うClearpathの仕事は「生豆を売って終わり」ではありません。顧客からのフィードバックや、今流行りの精製方法、プロファイルなど、役に立ちうる情報はすべて生産者に伝えています。それにより生産者はマーケットに対する理解が深まり、経営資源をどこにどう配分すればよいか、戦略を練りやすくなるのです。


そんなClearpathの核となるのが「先入観を持たずに柔軟でいよう」という理念です。マーケットに興味をひく動きがあれば、失敗を恐れずにまずは試してみるというのが基本姿勢なのです。現在挑戦している、フルーツとのCo-fermentation(コファーメンテーション)はその一例です。(今回のPink Champagne Washedもその一つ。)

「それは邪道だという人も業界内にはいます。でも私たちにとって、マーケットの有無や顧客の反応がわからないのにやらないという選択肢はないのです。もちろん実現するためには、生産者の理解や協力が欠かせません。新しいことへの挑戦を厭わない生産者のつながりがあるおかげで、私たちは前進し続けられるのです」

◉ Leading Colombian Coffee Exporter

Clearpath, calling itself a partner of producers, acts as the "sales force" for coffee farmers. They send samples of green beans on behalf of producers and arrange farm visits or online meetings with interested customers. They also share customer feedback with producers to enhance product appeal.

"We aim to work as equals with producers. They possess the expertise to cultivate high-quality coffee and manage their farms, while we bring knowledge of international trade and finance and maintain global customer connections. Together, we aim to create synergy."

Clearpath's mission goes beyond just selling green beans; they strive to elevate and empower producers by making them visible to buyers and roasters. They keep producers informed about customer feedback, trending processing methods, and profiles, which helps deepen their market understanding and strategize resource allocation.

Central to Clearpath's philosophy is to remain flexible and unprejudiced. They are willing to experiment fearlessly with market trends, such as co-fermentation with fruits (e.g., Pink Champagne Washed).

"Some may call it unconventional, but for us, not trying something merely because it's unknown or because customer reactions are uncertain is not an option. Of course, realizing these initiatives requires understanding and cooperation from producers. Thanks to our network of producers who are open to new challenges, we continue to move forward."

 

◉生産処理| Pink Champagne Washed

糖度が高いハイブリッド品種「Catiope」を使用し、ブラックベリーとイチゴとサトウキビ由来の黒糖を軸とした基質と混ぜ合わせ6日かけてなじませます。 その後、6日間かけて発酵させたのちパルピング。さらに140時間以上の嫌気性発酵を行ったインフューズドコーヒーです。

This process uses the relatively high-sugar hybrid variety "Catiope," blending it with a base substrate of blackberries, strawberries, and molasses derived from sugarcane. The mixture is allowed to integrate for six days. Following this, the coffee is pulped and then undergoes anaerobic fermentation for over 140 hours, adjusting the pH to below 4. This results in an infused coffee that combines the natural flavors of the fruit and molasses with the distinct characteristics of the coffee.


◉品種|Catiope

F1系ハイブリッド品種。コスタリカCATIE、中米連合のPROMECAFE、そしてフランスのCIRADとの共同で誕生した初期のF1品種群の一つです。Caturra 7Ethiopia原生種ET41との交配種で、エチオピアの因子を持つため、酸やフレーバーに特徴が出やすいと言われています。

The F1 hybrid variety was developed in collaboration between Costa Rica's CATIE, the Central American cooperative PROMECAFE, and France's CIRAD as one of the early groups of F1 varieties. It is a cross between Caturra 7 and the Ethiopian native species ET41. Due to its Ethiopian genetic components, it is said to exhibit distinctive acidity and flavors, making it a unique variety in the coffee world.